回春風俗 アロマキング

至福の一時をアロマキングで!

エステやアロマなどの派遣風俗情報配信中!

自由の国アメリカは風俗もフリーダム?

アメリカの性風俗事情とは

自由の女神に代表される通り、アメリカは自由の国として有名です。
人種のサラダボウルともいわれるように世界各国の人々がアメリカを訪れ成功を夢見ていることからも
その傾向は大いに窺い知れます。
ですが、だからといって風俗までもが自由というわけでもなく
アメリカはむしろ厳しく取り締まられています。
寛容な日本の風俗事情と異なり
アメリカはライトなサービス内容であったとしても売春で摘発される対象になってしまうほどです。
罰としては1,000ドル以下の罰金または6ヶ月以下の禁錮もしくは懲役を科せられるといった立派な犯罪です。

とはいえ、そうなればアメリカ男性はまったく風俗に興味がないのかといえば、決してそうでもありません。
厳しい規制の中でもいくつかの風俗は運営され、そして人気を博しています。
以下に、代表的なものを挙げていきます。

デート風俗系のエスコートサービス

中でも有名かつ人気があるものとして、エスコートサービスが挙げられます。
エージェンシー、もしくは個人に連絡を取り、女性を派遣してもらったり、会いにいったりします。
この点は、日本のデリヘルやホテヘルにも少し似た印象です。
加えて特有なのが、エッチプレイだけでなく前後のデートもサービスに含まれているということです。
つまり、デート風俗、待ち合わせ風俗にも近い感覚で楽しめてしまうのです。
相場はピンキリですが、質や安全性にこだわるなら60分約30,000ドルほどのサービスを選ぶべきです。
あまりにも安いサービスの場合は、病気の感染や事件に巻き込まれる可能性も危惧しなければならないためです。

世界的に見ても規制の厳しいアメリカの風俗事情ですが、実は日本における濃密サービスでおなじみの
ソープランド的サービスも存在します。
とはいえ、ソープ系を提供しているのは多くが中国や韓国からの移民となっており、少々違った印象も感じられます。
ただ、料金が200ドルほどとエスコートサービスよりも手ごろになっているので、
リーズナブルさにこだわるなら魅力的かもしれません。
こちらに関しては不法な移民も少なくないようなので、やはり同じく病気感染などには注意が必要です。
アメリカの文化を知る上で役立つ存在に、ハリウッド映画が挙げられるかと思われます。
そして映画で描かれるアメリカの風俗として有名なのが、立ちんぼではないでしょうか。
街中やロッジタウンでセクシーな女性が道行く男性に声をかけ、直接交渉してプレイへいざなうというものです。
こちらについても、事実多く見られます。
ハリウッドスター気分で自由な風俗体験に溺れるというのも、悪くないかもしれません。